読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラゴンへの寄り道

目指せ、ブルース・リーの肉体!【K-Fit】

Green Door Powered by Intelligentsia

コーヒー 今日の物欲

コーヒーが好きなので、週末にはよくアボットキニーやダウンタウンまでコーヒーを飲みに出かけています。サードウェーブ系のコーヒーショップがあるそういったオシャレなエリアでは、美味しいコーヒーが飲めるのはもちろん、そこに来る人の服や髪型を観察するのも面白いんですよー。ハリウッド女優に遭遇するなんてこともあったりします。

あと、ついつい買っちゃうのがマグカップ。家では置き場所に困って、職場にもぞろぞろと進出し始めています(笑)

 

 

さて今日は、行ってみました!

Green Door Powered by Intelligentsia

f:id:k-fit:20160926142132j:image

 

Intelligentsia系のカフェが、トーランスの隣の街・カーソンにできました。Green Doorというだけあって、入口のドアがグリーンなのです。そのグリーンドアを開けると、中にはかなりオシャレな空間が広がっています。

 

前々から気になっていながら今日まで行かなかったのは、エリアの問題。カーソンっていうところ、決してオシャレなエリアじゃあないのです!

 

しかも、『Powered by Intelligentsia』の意味がわからない。

「ただIntelligentsiaの豆を使ってるだけなのだろうか?」

「それともフランチャイズ?」

「それならIntelligentsiaを名乗ればよさそうなものを」

Intelligentsiaを名乗らせてもらえないのか(笑)」

うーん、答えはわかりません。

 

でも、果たしてこのエリアで美味しいコーヒーを飲めるのでしょうか?

 

 

f:id:k-fit:20160926142154j:image

使用器具は、本家 Intelligentsia と同じく【HARIOのV60】を使用しています。

注文してみたコーヒーは、ポアオーバーで淹れてもらう La Tortuga という豆。コーヒーを淹れる姿を見るのは楽しいですので、ついついじっくり見てしまいます。

 

 

そして、出てきたコーヒー

f:id:k-fit:20160926142237j:image

飲んでびっくり

「いやー、これは美味しい!!!」

 

期待度低めでしたので、満足度一気にアップです。アボットキニーの Intelligentsia まで足を運ばなくてよくなるくらいに美味しいコーヒーでした。

 

でも残念なことは、やっぱりエリアの問題。オシャレな人が全くいません(涙)

ですので、人間観察のためには、やっぱりアボットキニーに行く必要がありそうです。

 

 

最後に、物欲魂がそそられたのはコレ↓↓↓

f:id:k-fit:20160926142353j:image

 本家 Intelligentsia でも見たことがないコーヒーの麻袋で作られたクッションです。材料を切り取った場所によって、クッション一つ一つの表情が微妙に違ってて、どれも欲しくなる〜